神戸市六甲道駅より徒歩3分 独自スタイルの六甲道イタリアンでおもてなし「ルナ ソーレ」

luna sole

食べログ

 

HOME»  ルナ ソーレについて

ABOUT -ルナ ソーレについて-

ABOUT -ルナ ソーレについて-

 

Since 2015 六甲道から始まる新たな歩み

神戸の名勝・六甲山麓の神戸東部副都心にある小さな隠れ家「ルナ ソーレ」
フランス料理の修業中に出会ったパスタに衝撃を受け、イタリア料理に転向したこの道20年のシェフが独立して開店。
2015年6月にJR六甲道駅にほど近いこの場所にて産声を挙げました。

店名はイタリア語で「ルナ=月」「ソーレ=太陽」に由来。
その名の通りに、日が上がった日中から月が姿を見せる時間まで、いつでも気軽にイタリアンをお楽しみいただけるお店です。

 

和とイタリアンの融合 独自スタイル「六甲道イタリアン」

伝統的な技法のトラディショナル・イタリアンと、私たちが慣れ親しんだ和食のテイスト。
その二つが複雑に融合した、独自のスタイルが「六甲道イタリアン」です。

イタリアン本来の調理技法を尊重しつつも、日本人の味覚に合わせて
「昆布だし」「みりん」「灘の日本酒」など日本ならではの調味料を使い、大胆なアレンジを施しました。
シェフ独自のスタイルを余すことなく表現するために、トータルプロデュースされたコース料理が主体。
ランチはコースのみをご用意、ディナーではアラカルトもお選びいただけます。

長年修行を積んだシェフだから創造できた、唯一無二の世界をぜひご賞味下さいませ。

 

和とイタリアンの融合 独自スタイル「六甲道イタリアン」

 

大切なのは「素材の旨味を引き出す」事と「地産地消」である事

大切なのは「素材の旨味を引き出す」事と「地産地消」である事

 

シェフ自らが目利きしたこだわりの新鮮食材の数々をふんだんに使用。
素材そのものの持ち味を引き出す為に、いたずらに食材をいじりまわすことはしません。
和食の基本思想である「足し算では無く、引き算の味付け」を実践して調味はあくまでシンプルに。

もちろん食材は「地産地消」にこだわり、野菜は兵庫県を中心に出来る限り近畿地方産を使用。時にはシェフ自ら生産農家さんに足を運び、自身の目で確かめ調達を心がけております。

またパンや有機栽培のコーヒー豆は近隣のお店様からご提供いただいております。

 

美味しい料理には美味しいワインを

”ああ、私は幸せを飲んでいる。”
と言ったのはシャンパンの生みの親 修道士ドン・ペリニョン。

やはり良い料理の傍らには良いワインが不可欠です。
当店では最高のマリアージュをご堪能いただくために、イタリアンに良く合うイタリアワインを厳選しました。
また国産ワインにもシェフのこだわりを色濃く反映。地元の神戸ワイナリーや京都、広島・三次など西日本から逸品を厳選してご用意しました。

大きな店ではありませんので、ご用意できる銘柄は決して多くはありませんが、季節やその時々に応じて様々な銘柄から、シェフおすすめ品をお楽しみいただいております。

 

美味しい料理には美味しいワインを


美味しい料理には美味しいワインを